サークルの楽しみ方

サラリーマンの握手

親密から不即不離の時代へ

社会人サークルはかつて、余暇を利用しての方が多い傾向にありました。 それが近年は、不即不離の関係が心地好いと利用される方が増えています。 その特徴は、余暇を利用しての方が多かった時代では、社会人サークルに求めるものは娯楽や知識の向上等であったのに対し、不即不離の関係では人との出会いを期待しての事が多いという事です。 前者は人付き合いは別に設けていて、また、親密な関係を重視していました。 しかし後者は、社会人サークルにおいて出会いを求めつつも、付かず離れずのあっさりとした関係を望んでの事です。 そして普段の人間関係では、人付き合いを好まない傾向にあります。 どちらが好ましいという事は無く、それぞれの時代においての人付き合いの在り方が変わっての事と見られます。 そんな現代の社会人サークルにおいては、個の尊重とオリジナリティーが求められつつあります。 自分の意見を持つ事も大切で、自分磨きの場としても期待されています。

新たな発見や発展の見通し

主に人間関係が変わりつつある現代の社会人サークルにおいて、今後新たな発見や発展が期待出来るかもしれません。 これまでは密接な人との繋がりを良しとする中で築いて来たものが、これからは個々の意見を尊重する事で発展する兆しです。 それはまさに知の結集に相応しい理想の場として、新たなものが続々と登場若しくは日の目を見る事でしょう。 また、そのようなものは現代で求められているものでもあり、高い賞賛を浴びて思わぬ結果に繋がるかもしれません。 サークルという趣味や関心事を同じとする貴重な仲間との触れ合いに、ぜひ社会に貢献するような何かを生み出したいものです。 それら力の結集は、巨大なエネルギーとなって不可能を可能にする力も秘めています。 現代の求める関係性の中で、これまでに無いものを生み出す可能性が充分あると言えるでしょう。